プチ・マインドフルネス・セッション

ついにお茶とマインドフルネスのお話を、たくさんの方に伝えらえる時が!

昨年度、東久留米市が年に2回発行している情報誌「ときめき」にインタビューを載せていただいたのをきっかけに、コロナ禍地元に閉じこもっている間、とっても嬉しい機会を頂戴しました☺️

東久留米市民大学にて地元の人生の大先輩たちに、少し思い切ったテーマで講義をさせて頂きました🙇

東久留米の男女共同参画情報誌令和第1号「ときめき」

概念で理解する以上に、実際に体感してもらうことができればいいなと思い、一緒にゆっくり呼吸をしたりして。

コロナで接触が避けられる今、距離があっても心を繋げられるように丁寧にお伝えするように努めました😌

心、身体、精神をひとつに、、

幼稚園から一緒だったお友達のお母さんや、父とお仕事ご一緒されている方、叔母との知り合いなど、ローカルなつながりの参加者が何人もいらっしゃって、

そういう場でお話するのは初めてだったので、新鮮であると共になんだかホーム感があって、ぽかぽかとする気持ちになりました🌸
これまで外国人や、若い人たちを中心にやってきたお茶とマインドフルネス(瞑想)が、私の両親以上の世代の皆様に伝わるか少し心配していたところもありましたが、

自分の子供よりも年下の私の話にも皆さん真剣に耳を傾けてくれ、また、躊躇なく一緒にプチ・マインドフルネス・セッションにもお付き合い下さりました。(私は歴代最年少講師だったらしいです)。

最後には素敵な感想もたくさんいただき、あぁ、大丈夫だ、ちゃんと誰とでも心は繋がるんだと再認識しました。

嬉しくてにやにや

去年はほぼ毎月海外出張で、外にばかり目が向いていた私でしたが、今後も地元で私の思いがお茶と共に届らえる機会ができればなと、心から感じた時間でした。


国境、文化、宗教、性別、世代も越えて

【グローカルに!】

マインドフルネスをベースに、お茶を通じてたくさんの人の心に穏やかさと優しさを育てるお手伝いをしていきたいです!

最後に、このコロナの不安な状況にも負けず、しっかりと予防対策を徹底して講義の場を整えてくださった、運営委員会の皆様に心からの経緯と感謝、そしてエールを送らせていただきます☺️

ちなみに、この服は、着物の中に着る長襦袢を東ティモール青年海外協力隊後輩であるエシカル・ファッション・デザイナーの石塚美咲ちゃんにデザイン&リメイクして作っていただきました♥

お茶マインドフルネス用のドレスでお気に入りです!

もしご興味のある、ときめきインタビューの記事はこちらです♥

Ricaのプロフィールはこちらにもございますm(__)m

最後まで読んでくださりありがとうございました😊

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA