阿波番茶は後発酵茶に分類されます。

阿波番茶には乳酸菌が含まれており、爽やかな酸味が特徴的ですが、腸内環境を整えてくれるという効能が注目され、健康効果で今話題になっています。

そもそも、摘採時期と製造工程が通常の煎茶とは大きく異なります。

阿波番茶には、7月中旬以降まで待って、硬く大きくなった一番茶を使用します。

そして、そのお茶の葉を釜でゆで、すり、桶に一ヶ月間以上漬け込み、乳酸菌発酵させるという独自の伝統製法によりつくられるのです。

0
Subscribe to CHA-Link
Check out CHA-Link\\\