「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」という謳い文句もありますが、狭山茶は大規模な茶産地の中では最北に位置し、寒冷な気候で育てられたお茶の葉は肉厚で、甘くコクのある味に魅力があります。

江戸時代に関東で初めて蒸し茶製法を導入したのを契機に狭山の茶産業は発展して行きました。狭山茶は現在でも埼玉県で最大の農産物生産面積を占め、県の特産品としての地位を確立しています。

ちなみに、茶輪のオフィスは東京ですが、狭山の近くに位置しています。

 

0
Subscribe to CHA-Link
Check out CHA-Link\\\