釜炒り茶は戦国時代末期頃に、中国の明から特に九州に伝わったお茶で、現在の蒸製煎茶の製法が確立される前まで主流のお茶でした。

大きな鍋で高温で炒ったお茶は、香り高く、今でも人々から愛され、その製法は大切に受け継がれています。

宮崎県は釜炒り茶の生産量が第一位で、品質の良い宮崎茶の顔となっています。

0
Subscribe to CHA-Link
Check out CHA-Link\\\